アスベスト被害の国家賠償金請求

image_sanpei
1 アスベスト被害の国家賠償請求とは?

 平成26年10月9日、最高裁判所は、大阪泉南アスベスト国賠訴訟において、昭和33年の時点において石綿工場に局所排気装置の設置を義務付けなかったことが国家賠償法上の違法性を認め、国の賠償責任を認めました。

 これを受けて、一定の要件を満たす人およびその遺族は、国に対して、裁判を提起すれば、国は賠償に応じることとなりました。

 

 

2 どのような要件を満たせば請求できるのか?

 ① まず、昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に石綿粉塵にばく露する作業に従 事したこと

 ② ①の結果、石綿肺、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚などの健康被害を被ったこと

 ③ 損害賠償請求権の期間内の提訴であること 

3 どのくらいの賠償金がもらえるの?

 受領可能な場合は、最大で1300万円となっています。

 賠償基準額の2分の1について国が賠償義務があるというのが最高裁判決です。

 疾患の内容や症状(管理区分)により異なります。

4 すでに労災から保険金を受領した場合も国からさらにもらえるのですか?

 要件を満たす場合は、労災とは別に請求できます。

 

5 どのような手続きをすれば良いのですか?また、どのような資料が必要になりますか?

 手続きの内容および必要な資料などについては、弁護士法人アルマ に一度ご相談ください。

 相談自体は、無料相談を行なっておりますので、フリーダイヤル 0120−552−451 までご連絡ください。 

 

初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 0120-552-451